「未来創生」活力あふれる街づくり 誠実・若さ・行動

坂本勝司のめざす
YOKOHAMA & TOTSUKA街づくり
「未来創生〜活力あふれる街づくり〜」

【今後進めていく施策】

「市民だれもが安心して安全・快適に暮らせる街」
  • 東戸塚駅の施設改良を検討し、「安心・安全な街と駅」をめざします。
  • 自治会町内会活動の活性化を図り、地域社会の絆を深めます。
  • 「福祉の充実と助け合いの心に満ちあふれた街」
  • 地域包括支援センターと連携した在宅療養環境の整備を推進します。
  • 24時間対応の定期巡回・随時対応型の訪問介護サービスを推進します。
  • 「安心して子どもを産み・育てることのできる街」
  • 待機児童ゼロ、および放課後児童施設の円滑な事業実施を推進し、子育て世代を支援します。
  • 児童虐待対策を強化し、子どもたちの未来を守ります。
  • 「地域経済が元気で活力にあふれる街」
  • 産業の継続発展の支援、地域の特性に合わせた産業の育成・活性化を推進します。
  • 商店街振興施策を提案し、賑わいづくりを推進します。
  • 「伝統・芸能・スポーツなどを通じていきいきと笑顔の絶えない街」
  • 各種スポーツ団体を支援し、街の活性化を推進します。
  • 健康づくりに関する事業を推進し、横浜市の「健康寿命日本一」をめざします。
  • 坂本勝司イラスト

    【最新の実績】

    ビジョン1:安全・快適

    ■トツカーナ出口の横断歩道等の設置!
    市民からの相談に対して、関係各所と調整し改善につなげています。 この中で、トツカーナ出口の横断歩道および、グリーンベルトの設置を実現しました。
    ■米軍基地返還と跡地利用を推進!
    使用されていない米軍基地の早期返還と地域活動拠点としての整備を求めてきました。
    2014年6月には深谷通信所が返還されましたが、その跡地を現在利用中の少年野球などの活動場所として継続利用できるよう求めています。
    また、2015年6月返還予定の上瀬谷通信施設についても、跡地を市民が継続利用できるように求めています。

    ビジョン2:福祉と助け合い

    ■「戸塚の医療を考える会」を設立!!
    戸塚の医療の課題の共有・議論を目的に、区内選出の市会議員と戸塚区 医師会と「戸塚の医療を考える会」を設立しました。
    休日医療なども含め、戸塚区内の医療について議論しています。

    ビジョン3:子育て

    ■「待機児童ゼロ」の継続に向けて!
    働く女性支援のため、横浜市の政策である「待機児童ゼロ」を積極的に推進してきました。その結果として、2013年には「待機児童ゼロ」を達成しましたが、潜在需要の顕在化などにより、2年連続で「待機児童 ゼロ」を達成できませんでした。個々の自治体のみの取り組みには限界があることもあり、今後、企業内託児所等、民間も含めた「待機児童ゼロ」の取り組みを推進し、安心して子育てできる街作りに貢献します。

    ビジョン4:地域活性化

    ■横浜市営地下鉄ブルーラインの快速運転の導入に貢献!
    所要時間の短縮による利便性の向上、および新たな需要の創出による増収を目的とし、 横浜市営地下鉄ブルーラインへの快速運転の導入を民主党議員団で推進してきました。
    その結果、2015年7月に実現する運びとなりました。今後、安全確保の観点とお客様 サービスの視点から着実に設備改修が実施されていくか注視していきます。
    ■圏央道−横浜環状南線の早期完成をめざして!
    平成25年第4回定例会において、横浜環状南線の整備の 進捗、早期完成に向けた市長の考えを伺いました。
    南線においては、用地取得が完了した箇所において本線 の工事を実施していきます。市経済を活性化させるためには、 南線や横浜湘南道路の整備が喫緊の課題との回答がありま した。今後も進捗状況を確認し、早期完成に向けた働きかけ と取り組みを実施していきます。

    ビジョン5:伝統・芸能・スポーツ

    ■神奈川県バドミントン協会副会長他を務め、スポーツ振興に貢献!
    横浜市議会では、健康づくり・スポーツ推進特別委員会の副委員長を務め、「健康寿命日本一」をめざす横浜市の取り組みを推進しています。
    また、神奈川県実業団バドミントン連盟会長・神奈川県小学生野球連盟副会長の役職を務め、スポーツ振興にも寄与しています。
    誠実・若さ・行動
    横浜・戸塚の未来をあなたとともに
    カウンタ